買う前に知っておきたい!Apple認定整備済製品のデメリットと注意点

・Appleの認定整備済製品のデメリットって何?
・買う時に注意することってあるの?

Appleの認定整備済製品って知ってますか?

お得にApple製品を買えますが、お得すぎて何か裏があるんじゃないかと心配になりますよね。

お得なのに不安で買えなくて損をするのはもったいないです。

今回はAppleのお得な認定整備済製品のデメリットと注意点をご紹介します。

実際に私はApple認定整備済製品のMacBook Airを副業のためにお得に購入して、浮いたお金をさらに副業の費用に当てることができました。

正しい知識を身につけてお得にお買い物しましょう。そして浮いたお金を自分のために使って人生を今より豊かにしてください。

この記事を読めば以下のことがわかります。

  • Appleの認定整備済製品とは
  • Apple認定整備済製品のデメリットは
  • Apple認定整備済製品を買う時の注意点
  • 実際にApple整備済認定製品を購入してみて
目次

Appleの認定整備済製品とは

Apple製品には新品以外に「認定整備済製品」があります。

認定整備済製品とは、初期不良等で返品された商品などを、Appleが徹底的なクリーニングと点検、再整備を行った上で販売する商品です。

新品ではないので、価格が新品の最大15%引きで設定されており、普通に買うよりお得にApple製品を購入できます。

\ コチラ/

Apple認定整備済製品の性能と品質

Apple認定整備済製品は新品じゃないからと言って性能や品質が悪いというわけではありません。

同じモデルであれば新品と認定整備済製品では同様の性能と品質が保証されます。

また、データなどは初期化されるので古いデータやウイルスなどが入っている心配もありません。

問題があった部分やバッテリーは新品の物と交換してから販売されるので、Apple認定整備済製品は品質も保たれています。

引用:認定整備済製品 – Apple(日本)

Apple認定整備済製品の保証

「新品じゃないから保証がつかない」と思われがちですが、Apple認定整備済製品は新品同様1年間の保証がつきます。

また、AppleCare+に加入すれば保証とサポートをさらに手厚く受けることができます。

せっかく高い買い物をしたのなら長く使いたいですよね。Apple認定整備済製品なら保証もしっかりとつけられるので、新品同様に安心して使えます。

引用:認定整備済製品を選ぶ理由 – Apple(日本)

Apple認定整備済製品のデメリットと注意点

Apple整備済認定製品はお得ですが、少なからずデメリットや注意点は存在します。購入を検討している人はあらかじめ知っておいて、対策しておきましょう。

Apple整備済認定製品のデメリットと注意点は以下の5点です。

  • いつ販売されるかわからない
  • 在庫限りですぐに売り切れる
  • 新古品なので傷や汚れがある可能性がある
  • 型落ちモデルのみの取り扱い
  • iPhoneの取り扱いはなし

いつ販売されるかわからない

Apple整備済認定製品で1番の注意点はいつ販売されるかわからない点です。

入荷タイミングなどが決まっているわけではないので、販売ページを確認した時にあれば買えるという「」に左右されてしまいます。

実際に私自身、希望の製品を購入するのに2週間待ちました。移動中の電車の中で偶然確認したら販売していたので、購入希望の人は長い目で見つつこまめにチェックしましょう。

在庫限りですぐに売り切れる

その次に注意すべきなのがすぐに売り切れてしまうという点です。在庫がたくさんあるわけではなく、人気の製品はすぐに売り切れてしまいます。

希望の製品が見つかったらすぐに買うようにしましょう。悩んで買い逃すくらいなら、買ってから有効活用できるように考えましょう。

新古品なので傷や汚れがある可能性がある

Apple整備済認定製品はクリーニングや点検がされてるとは言え、新品ではありません。

大きな傷や汚れは点検された際に整備されますが、小さい傷や汚れはそのまま見つからず販売されてしまうこともあります。

あったとしても点検の際に気づかないくらい目立たない傷や汚れだと思いますので、どうしても新品みたいに綺麗な状態がいいということじゃなければお得に買えるのでおすすめです。

型落ちモデルのみの取り扱い

Apple整備済認定製品では新しいモデルの製品は取り扱われません。あくまで型落ちしたモデルのみ取り扱われます。

新しいモデルの製品が整備済認定製品として販売される頃には、さらに新しいモデルの製品ふが販売されるので、「新しさ」か「安さ」のどちらかを選びましょう。

iPhoneの取り扱いはなし

日本ではApple整備済認定製品でiPhoneの取り扱いはありません。MacやiPad、Apple Watchなどは取り扱っていますが、iPhoneだけは取り扱っていません。

ただアメリカでは2020年1月からiPhoneのApple整備済認定製品が販売されています。今後日本でも購入できるようになるかもしれないので、期待して待っていましょう。

実際にApple整備済認定製品を購入してみて

私は実際に2020年の夏にApple整備済認定製品のMacBook Air(2019年モデル)を購入しましたが、なんの問題なく満足して使えています。

傷や汚れなどもなく、とにかく安くMacBook Airが欲しかったので型落ちでも問題ありませんでした。

唯一失敗したのが「タイミングを逃してしまった」ことです。

初めてApple整備済認定製品のページをみた時に希望の製品があったのですが、すぐなくなるとは思わず数時間後にみた時にはもう売り切れてしまっていました。

そこからこまめに販売ページを確認しましたが次に出会うのに2週間かかってしまい、時間を無駄にしてしまいました。

製品の性能や品質には全く不満がないので、やっぱり気になる点は「購入のタイミング」です。

まとめ

お得に購入できるApple整備済認定製品のデメリットと注意点はわかりましたか?

  • いつ販売されるかわからない
  • 在庫限りですぐに売り切れる
  • 新古品なので傷や汚れがある可能性がある
  • 型落ちモデルのみの取り扱い
  • iPhoneの取り扱いはなし

ここまでデメリットや注意点をお話ししてきましたが、正直デメリットと言うほどデメリットではありません。ですが、購入タイミングを逃してしまうと購入までに時間がかかってしまいます。

運が悪いと希望の製品に全然出会えず、購入するのに何ヶ月もかかってしまうかもしれません。

その間何度も販売ページを見るのは時間の無駄ですよね。

希望の製品に出会えたら悩まず即決で購入するようにしましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる