【iPhone】誰でもできる充電音の変え方|あなたのiPhoneをより特別に

iOS14の登場により、iPhoneを前よりあなただけのiPhoneにすることができるようになりました。やっぱり自分だけのオリジナル性があるものっていいですよね。

今回はそのオリジナル性の1つ、誰でもできるiPhone充電音変え方をお伝えします。

これができるようになれば、iPhoneを充電した時に好きな音を出すことができるようになります。自分で聞いて満足するのもいいですし、さりげなく充電音を聞かせて「えっ!?なんでこんな音が出るの?」と周りをびっくりさせてみるのもいいですね。

進化し続けているiPhoneを使いこなして他の人の1歩先を行ってみましょう!

この記事を読んでいただければ以下のことがわかります。

  • iPhoneを充電した時の音の変え方
  • 充電音を変える時の注意点
目次

【iPhone】誰でもできる充電音の変え方|あなたのiPhoneをより特別に

iPhoneの充電音の変え方は、iPhoneの「ショートカット」アプリを使うことでできるようになります。

おおまかに操作内容を先にお伝えすると以下の3つの流れになります。

  1. 音源を準備する
  2. ショートカットアプリで好きな音が出る設定をする
  3. ショートカットアプリで充電した時に音が出るように設定する

大きく分けると3つに分けられますが、1つ1つの項目に対してやることは多いです。

ですが1つ1つの作業はとても簡単です。細かく手順を説明しますので諦めずやってみてください。

①音源を準備する

充電音を変更するには自分で音源を「動画」で準備する必要があります。

準備する方法は以下の2つです。

  • 「カメラ」を使って好きな音を動画で録画する
  • 「画面録画」を使ってYouTubeなどから好きな音を録画する

「カメラ」を使って好きな音を動画で録画する

(1)好きな音をカメラの「ビデオ」で録画します。動画は後ほどいらない部分は切り取るので前後に余裕を持って録画していただいて大丈夫です。

(2)「写真」を開き先ほど録画した動画を必要な部分(充電音となる部分)だけになるように編集します。動画を選んで右上の「編集」を押します。

(3)画面下のバーを調整して、必要な部分だけにしてください。

(4)必要な部分だけ選択できたら右下の「✔︎」を押します。

(5)万が一のために元動画は残しておいた方がいいので、元動画が残る「ビデオを新規クリップとして保存」を選択します。

ここまでで音源の準備は完了です。ここから「ショートカット」アプリを使って設定を行っていきます。

②ショートカットアプリで好きな音が出る設定をする』の項目に進んでください。

「画面録画」を使ってYouTubeなどから好きな音を録画する

(1)iPhoneの「設定」から「コントロールセンター」を開きます。

(2)下の方にある「画面収録」を押します。

(3)上にスクロールして「画面収録」が「含まれているコントロール」に入っているか確認します。

(4)YouTube等で充電音にしたい動画を探します。

(5)動画が決まったら「コントロールセンター」を開いて「画面収録」ボタンを押します。押すとカウントダウンが始まり0になると画面収録が始まります。「画面収録」ボタンを押したらYouTubeに戻って動画を再生しましょう。

動画は後ほどいらない部分は切り取るので前後に余裕を持って録画していただいて大丈夫です。

(6)充電音にしたい部分を録画し終わったら再度「コントロールセンター」を開いて「画面収録」ボタンを押して録画を終了します。

(7)『「カメラ」を使って好きな音を動画で録画する』の(2)〜(5)の手順を同じように行い、動画を充電音にしたい部分だけにします。できたら『②ショートカットアプリで好きな音が出る設定をする』に進んでください。

②ショートカットアプリで好きな音が出る設定をする

好きな音を出すには、ショートカットアプリで『①音源を準備する』で録画した動画をエンコードという作業で音声データにする必要があります。

言葉で言うと難しいですが作業自体は簡単ですので、見様見真似でやってみてください。

(1)「ショートカット」アプリを開きマイショートカットの欄の右上にある「+」マークを押して新規ショートカットを追加します。

(2)「アクションを追加」を押します。

(3)上部検索欄に「ビデオ」と入力します。

(4)検索結果のアクションの項目にある「最新のビデオを取得」を選びます。最新のビデオを取得するので(1)で準備した音源が写真フォルダで一番新しいものになるようにしましょう。

(5)アクションが追加されたらその下の「+」を押してさらにアクションを追加します。

(6)上部検索欄に「エンコード」と入力し、「メディアをエンコード」を選びます。

(7)追加されたアクションの「表示を増やす」を押します。

(8)増えた表示の「オーディオのみ」を押します。

(9)オーディオのみに変更できたら下の「+」を押してアクションを追加します。

(10)上部検索欄に「エンコード」と入力し、「Base64エンコード」を選びます。

(11)右下にある「再生」を押します。

(12)文字がたくさん表示されたら、文字が並んでいる右下の「共有」を押します。

(13)「コピー」を押してテキストをコピーします。

(14)テキストをコピーできたら、今までのアクションは不要になるので一旦全てのアクションを消します。アクションの右上にある「×」を押して消してください。

(15)全てのアクションを消したら「+」を押してアクションを追加します。

(16)上部検索欄に「テキスト」と入力し、「テキスト」を選びます。

(17)先程コピーしたテキストを追加したアクションに添付し、下の「+」を押してアクションを追加します。

(18)上部検索欄に「エンコード」と入力し、「Base64エンコード」を選びます。

(19)青文字で「エンコード」と表示されている部分を押します。

(20)いくつかの選択肢が出たら「デコード」を選びます。

(21)デコードに変更できたら下の「+」を押してアクションを追加します。

(22)上部検索欄に「サウンド」と入力し、「サウンドを再生」を選びます。

(23)「サウンドを再生」のアクションを追加できたら右上の「次へ」を押します。

(24)ショートカットの名前を決めて右上の「完了」を押したら『ショートカットアプリで好きな音が出る設定』が完了です。

ここまでの手順は長いですがここまでくればもう一息です。

最後の設定『③ショートカットアプリで充電した時に音が出るように設定する』をやりましょう。

③ショートカットアプリで充電した時に音が出るように設定する

(1)ショートカットアプリのオートメーションを開き、右上の「+」を押します。

(2)新規オートメーションの画面になったら「個人用オートメーションを作成」を選びます。

(3)作成するオートメーションの一覧が表示されるので、下の方までスクロールし「充電器」を選びます。

(4)「接続されている」にチェックがついている状態で「次へ」を押します。

(5)「アクションを追加」を押して『②ショートカットアプリで好きな音が出る設定をする』で設定したアクションを追加します。

(6)上部検索欄に「ショートカット」と入力し、「ショートカットを実行」を選びます。

(7)薄青文字で「ショートカット」と書いてあるところを押します。

(8)ショートカットの一覧が表示されるので、『②ショートカットアプリで好きな音が出る設定をする』で作成したショートカットを選びます。

(9)作成したショートカット名が表示されたら右上の「次へ」を押します。

(10)一番下にある「実行の前に尋ねる」をOFFにしてください。これがONのままだと充電した時に自動で音が出ません。

(11)「実行の前に尋ねないようにしますか?」と聞かれるので「尋ねない」を選びます。

(12)「実行の前に尋ねる」がOFFになっていたら右上の「完了」を押して完成です。

実際にiPhoneを充電してみて好きな音が流れるか確認して流れたら成功です。

お疲れ様でした!!

iPhoneの充電音を変える時の注意点

iPhoneの充電音を変える時の注意点は以下の2つです。

  • 音源の著作権
  • マナーモードでも音が出る

音源の著作権

好きな充電音を録音するときにYouTubeなどを録画する場合は、録画禁止の動画を録画しないように注意しましょう。違法にアップロードされた動画を録画することも犯罪です。また、使用する際に著作権を侵害する使用もやめましょう。自分だけが聞くように使うのは大丈夫ですが、SNSで発信したり悪用したりするのは著作権の侵害になります。

一番安全に使うにはフリー音源や自分で録音するのがおすすめです。YouTubeで「フリー音源」と検索すると著作権フリーの音源がたくさん出てくるのでお気に入りの1つを見つけてみてください。

マナーモードでも音が出る

今回ご紹介したiPhoneの充電音の変え方ですが、この方法だとマナーモードでも音が出る仕組みになっています。また、マナーモードでない時は「変更した音」と「元々の音」両方が流れてしまいます。

マナーモードで充電音を出したくない時は以下の設定をしてください。

(1)ショートカットアプリで「オートメーション」を開き、画像のように『③ショートカットアプリで充電した時に音が出るように設定する』で設定したオートメーションを選びます。

(2)一番上にある「このオートメーションを有効」をOFFにして右上の「完了」を押します。

この設定で充電しても音が出ない設定になっています。再度音を出したい時は同じ手順で「このオートメーションを有効」をONにしてください。

まとめ

今回お伝えしたのは以下の2つです。

  • iPhoneの充電音の変え方
  • iPhoneの充電音を変える時の注意点

お伝えしようにiPhoneの充電音を変えるにはたくさんの手順に沿って設定をする必要があります。ですが、1つ1つの内容は難しくありませんので手順通りに進めていただければ簡単に設定することができ、あなただけのiPhoneにすることができます。

他の人がやってない設定を自分だけができていたらカッコいいですよね。

最初は何をやっているかわからなくても、やっていくうちにわかるかもしれません。そうなればいずれは自分でショートカットを作ることができ、あなただけの理想のiPhoneにすることができるかもしれません。

これを機にいろんなショートカットを使ってみて一緒にやり方も学んでみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる