貯金をするための3つの方法と考え方|手取り14万円の男がお伝えします

どーも!ゆーまです!!

みなさん貯金ってできていますか??

貯金するのってなかなか難しいですよね、、、

今のご時世収入も少なくなってますます貯金は難しくなっていると思います。

ですが私は本業で月々手取り14万円しか貰えてませんが、あるやり方で着実に貯金を増やせています。

今回は貯金をする方法と貯金をするときの考え方について、実際にやっている方法と合わせてご紹介します!

この記事を読んでいただければ以下のことがわかります。

  • 貯金をする方法
  • 貯金のための考え方
目次

貯金をするための3つの方法と考え方

貯金するための方法をご紹介しますが、方法だけ知っても貯金をすることはできません。

貯金できない人の多くは貯金をするための考え方がわかってないからです。

貯金をするためには正しい「貯金をするための方法」と正しい「貯金をするための考え方」を知っている必要があります。

この記事を読んでぜひ貯金できるようになってください。

貯金をするための3つの方法

貯金をするためのおすすめの方法は以下の3つです。

  • 家計簿をつけて出費を理解する
  • 先取り貯金をする
  • お釣り貯金をする

家計簿をつけて出費を理解する

まずは家計簿などをつけて自分が何にお金を使っているのかをちゃんと把握してみましょう。

貯金ができない人の多くは収入が少ないのではなく、出費が多いことが原因です。よく考えたらいらなかったものや、頑張れば我慢できたものがあると思います。そういった出費を抑えれば貯金をすることができます。

家計簿をつける→出費を把握する→抑えられる出費を抑える→残ったお金を貯金する

実際に私はアプリを使って家計簿をつけています。

出費を把握することで、「今月買い食いで使いすぎてるから我慢しよう」や「先月は飲み会代に使いすぎてしまっているから今月は使わないようにしよう」というふうに無駄な出費を抑えられています。

必要な出費と不必要な出費を把握して、不必要な出費を抑えてみてください。

先取り貯金をする

給料などの収入が入った時に、先に貯金額を確保して残ったお金でやりくりする方法です。

「収入額」から家賃や食費などの「固定費」を引いた額のうち、生活するにあたって無理じゃない額を「貯金額」として貯金します。そして残ったお金を趣味などに当てる「お小遣い」になります。

収入 ー 固定費(家賃や大体の食費)ー 先取り貯金 = お小遣い

ここでの注意点は貯金額は無理をしない額にしましょう。無理に高額にしてしまうと貯金することがストレスになってしまうので、月1万円だったり、残りの額の20%とかにしましょう。

私の場合はこのような金額でやりくりしてます。

収入(14万) ー 固定費(10万) ー 先取り貯金(2万) = お小遣い(2万)

お小遣いが少ないと思うかもしれませんが、お小遣いは使わなかった分は翌月に繰り越しています。家計簿と合わせて出費を抑えて、余裕がある時に好きなものを買いに行っているので月2万のお小遣いでやりくりできています。

お釣り貯金をする

その名の通りお釣りを貯金する方法です。

何か買い物をした際にお釣りが出ると思います。そのお釣りの小銭をそのまま貯金箱に入れれば、小額ではありますが貯金することができます。

ただ、まるまる全額を貯金してしまうとお小遣いがなくなってしまうので、例えばお釣りででた500円玉だけを貯金する、のように設定すれば負担が減り貯金しやすくなります。

私はお釣りの500円玉は使わずに貯金箱に入れています。

余裕があるときはお会計の際に500円玉ができるようにして、今月きついなっという時は500円玉は作らずにお会計をしています。

写真は私が使っている貯金箱です!満タンまで貯めると約300万円になるそうです!夢がありますが5月から貯めてもまだ底が見えてしまいます(笑)

このように面白い貯金箱を使うのも貯金を続ける1つの手です。

お釣り貯金は1度にたまる金額は少ないですが、負担が少ないので続けやすい貯金方法です。

貯金をするための3つの考え方

文頭でも伝えましたが貯金はいくら方法がわかっても、貯金に対しての考え方が間違っているとうまくいきません。

貯金をするための考え方は以下の3つです。

  • 貯金を目的にしない
  • 貯金のメリットを考える
  • 何のためならお金を使っていいかを考える

貯金を目的にしない

貯金を続けられない人の理由の多くは、貯金が目的になってしまっているからです。

例えば「海外旅行に行きたいから20万円ためる」っていうのはできる人は多いですが、「これからのために貯金する」ってなかなか続けられないんですよね。

それは貯金が目的になっているからです。

貯金はあくまで手段であり、その先の目的があって貯金ができます。貯金にかかわらず目的がわかっていれば行動できますよね。

私が貯金をする目的は「将来自由に生きたい」からです。

今お金をためておいて、将来大事な人と行きたいところに行き、やりたいことができるようにするために貯金しています。

このように貯金するためには貯金を目的にせず、目的のために貯金するようにしましょう。

貯金のメリットを考える

貯金をすることで自分に何のメリットが返ってくるか考えましょう。

例えば「お腹が減ったけど今ここでお菓子を買うのを我慢すれば貯金にもなるしダイエットにもなる」「今ここで我慢すれば貯金がその分溜まって早く〇〇が変える」などです。

私は貯金と合わせてダイエットをしています。

コンビニなどでの間食を減らすことで貯金にもなるしダイエットにもなるので一石二鳥だと思い頑張れています。

貯金をすることで自分にメリットが返ってくると思うと頑張れますよね。

何のためならお金を使っていいかを考える

貯金のために全てを我慢してしまうとストレスが溜まってしまい、逆に反動でお金を使ってしまう可能性がありますし、長く続けることができません。

自分の趣味や好きな事にはお金を使って、それ以外を我慢するようにしましょう。

例えばライブが好きな人は「ライブには今まで通り行くけど、その分ご飯に行くのを減らす」といったように自分が何のためならお金を使っていいのかを決めてみましょう。

そうすればストレスなく貯金を続けることができます。

私の場合は「人との付き合い」にはお金を使っていいことにしています。

友人と遊びに行ったり彼女との食事には制限なくお金を使って、自分の娯楽や間食は我慢して節約しています。

普段欲しいものは買えず我慢するのはキツイですが、その分誰かと遊ぶ時にお金を使えるので続けることができています。

たまのご褒美

貯金を続けるにあたって大事になってくるのはたまのご褒美です。

貯金を頑張っている自分に対してたまにご褒美をあげましょう。ダイエットと同じでずっとやり続けてもどこかで反動が出てしまうので、たまにお金を使っていい日を儲けましょう。

ご褒美を入れることで「ここまでよく頑張った」「明日からまた頑張ろう」と思えます。

ちなみに私はたまのご褒美としてシュークリームを買ったりしてます(笑)

こんなご褒美でもいいのでずっと頑張り続けるのではなく、ご褒美を入れて長く続けられるように調整しましょう。

まとめ

ここまで読んでいただいたと思いますが、貯金に大切なのは「我慢」です。

今まで使えていたお金を貯金に回すので、その分我慢しなくてはいけません。

今回ご紹介した貯金する方法は以下の3つです。

  • 家計簿をつけて出費を理解する
  • 先取り貯金をする
  • お釣り貯金をする

この3つの方法も使えるお金を我慢して貯金に回しています。我慢ができなければ貯金はできません。我慢するためにもご紹介した

  • 貯金を目的にしない
  • 貯金のメリットを考える
  • 何のためならお金を使っていいかを考える

という3つの考え方を常に持ってみてください。この3つの考え方を常に持っていれば貯金のために我慢することができます。

将来の自分のためにも頑張って貯金してみましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる